肌が薄い赤ちゃんのお肌のケア方法、なぜ保湿が大事か、など

赤ちゃんの肌って、すべすべでもちもちしていてキレイですよね。
しかし、赤ちゃんの肌が大人に比べてデリケート。
赤ちゃんの肌にあったケアをしていかなければ、すぐに肌トラブルが発生してしまいます。

では、赤ちゃんの肌にはどういったケア方法が最適なのでしょうか
そこで、赤ちゃんのお肌の特徴や、デリケートな赤ちゃんのお肌のケア方法について紹介しましょう。

赤ちゃんのお肌の特徴

赤ちゃんのお肌は大人と比べるとデリケートと言われていますが、そもそもそれはどういった理由なのでしょうか。

赤ちゃんの肌は大人と比べて2分の1~3分の1程度の薄さしかありません。
そして、皮脂の分泌も不安定で、バリア機能も未発達。
更に紫外線に対する抵抗力も弱いもの。
そのため、乾燥しやすく、刺激にも弱いという肌なのです。

また、赤ちゃんは汗をかきやすいのですが、これは表面積が小さいのに汗腺が大人と同じような数存在しているため。
汗をかきやすいということは、肌の表面の衛生面を保つのが困難であったり、汗が蒸発することで、肌の表面が乾燥してしまうのです。

赤ちゃんのお肌にはこのような特徴があることから、お肌のケアがとても重要になるのです。

赤ちゃんのお肌のケア方法

赤ちゃんのお肌の特徴として、刺激に弱く、乾燥しやすいという点を挙げました。
つまり、赤ちゃんのお肌には保湿がとても重要なのです。

また、汗をかきやすい赤ちゃんはお肌を清潔に保つのがとても大切。
これらの点に注意したスキンケアを行う必要があります。

まず、毎日お風呂に入れるなどして、肌を清潔に保つのが重要。
肌に雑菌が繁殖すると、肌が弱い赤ちゃんはすぐに肌トラブルに発展してしまいます。
特に暑い時期などには、荒れたりかぶれたりしないよう注意しましょう。

そしてお風呂から上がったら、必ず赤ちゃん用の保湿ローションやスキンケアミルクを使用します。
これは乾燥しやすい冬場だけでなく夏にも必ず行う必要があるもの。
赤ちゃんは年中乾燥しやすいと認識して、ケアを行っていきましょう。

また、外出する際には紫外線を防止するために日焼け止めを塗ったり帽子をかぶるなどして、刺激を受けないようにするのも大切です。