初めての誕生日、どうやって祝う?一升餅や背負い餅など

赤ちゃんが生まれて初めて迎える、1歳の誕生日。
どうやってお祝いしようかと考えるのは、楽しいものですよね。

1歳の誕生日は「一升餅のお祝い」とも言われる特別なお祝い。
そこで、1歳のお祝いの仕方について、まとめてみました。

初誕生祝いの一升餅とは

一升餅とは、その名のとおり一升分のもち米からつくられたお餅のこと。
地域によって一つにまとめて丸めたり、紅白の2つの餅に分けるなど、形には違いがあります。

一升餅は古くから還暦や正月など、様々なお祝い事の際に用いられてきました。
それぞれのお祝い毎に一升餅が用いられる意味は違いますが、1歳の初誕生祝いで用いられる理由は「一升」と「一生」をかけたもの。
赤ちゃんが一生食べ物に困らないように、一生長生きできるように、との願いが込められているものなのです。

背負い餅などのお祝い方法

一升餅を用いたお祝いの方法としては、背負い餅や踏み餅があります。
背負い餅とは、風呂敷などに包んだ一升餅を1歳の子供に背負わせるもの。
一升のお餅はかなり重たいため、背負って歩くことはできない子がほとんど。

古くは、子供が1歳前後など、あまり早くに歩き出すのは家を離れるからよくないとされていました。
そのため、わざと転ばせるようにすることも多く、そんな理由から一升になったのではないか、とも言われています。

そして、踏み餅とは子供を一升餅の上に立たせ、しっかり地に足をついて歩けるように、という願いを込めて行われるものです。

地域によっては、この一升餅のお祝いの際、将来を占う選び取りというものが行われます。
これは、赤ちゃんの前にいくつかのアイテムを置き、どれを選んだかで将来どんな職業につくかを占う行事。

地域によって用意する品物は違いますが、例えばそろばん、お金、筆などが用意されます。
そろばんを選んだ場合は商売人、お金を選んだ場合は裕福な生活、筆を選んだ場合は芸術家や文学の才能がある、などと占います。

子供の成長を祝い、今後の幸せを祈る一升餅のお祝い。
重たいお餅なので怪我のないように注意しながら、しっかりお祝いをしてあげたいですね。