お食い初めとは?お食い初めのやり方

赤ちゃんが生まれると、成長の伴っていろいろな行事がありますが、「お食い初め」もその一つ。
でもお食い初めという言葉は聞いたことがあっても、由来はよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、お食い初めとはいったいどんな行事なのか調べてみました。

お食い初めとはどんな行事?

お食い初めとは、赤ちゃんに対して初めて母乳以外の食べ物を用意し、食べさせる真似をする儀式。
赤ちゃんが一生食べ物に困らないように、との祈りをこめて、行われる行事です。

お食い初めは生後100日前後に行われる場合が多く、「百日(ももか)の祝い」との別名もあります。
生後100日に行う理由は、その頃になると乳歯が生えはじめるため。

しかし、地域によっては生後110日や120日頃に行われる場合もあります。
厳密に100日である必要はないため、家族や親族が顔を揃えられる日を選んで行うとよいでしょう。

お食い初めのやり方

お食い初めではまず御膳や食器を準備する必要があります。
食器は漆器で揃えますが、赤ちゃんの性別によって色が異なり、男の子は器の内外とも朱色、女の子は外側が黒で内側が朱色です。

献立は基本的には一汁三菜で、赤飯、焚き物、お頭つきの魚、汁物などを用意します。
そして、歯が丈夫になるように歯固め石も必要ですが、これは神社または河原などから拾ってくることが多いようです。
その地域によって用意する方法が異なりますので、地域の風習に従いましょう。

儀式のやり方としては、まず揃った人の中で最年長の人が赤ちゃんを膝の上に座らせて、食べさせる真似をします。
この時、男の子の場合は男性、女の子の場合は女性の最年長の人に頼むのが習わし。

そして、ご飯、汁物、ご飯、魚、ご飯、汁物の順に食べさせる真似をし、これを3回繰り返します。

その後、歯固めの儀式として、歯固め石にお箸を軽くあててから、そのお箸を赤ちゃんの歯ぐきに軽くあてます。

これで、お食い初めの儀式は完了です。

お食い初めは準備するのは大変ですが、赤ちゃんにとっては重要な儀式の一つ。
もし自分で用意するのが難しい場合には、お食い初めのプランを用意している料亭などもあるため、そういったものを利用するとよいでしょう。