お宮参りの赤ちゃんの服装やパパ、ママの服装

お宮参りで悩んでしまうのは服装のこと。
赤ちゃんに着せるものだけでなく、パパやママの服装もどうすればよいのか、悩みますよね。
そこで、赤ちゃんの服装と、パパとママの服装について、紹介しましょう。

お宮参りの赤ちゃんの服装

お宮参りに行く際の、赤ちゃんの正式な服装としては、白羽二重に祝い着。
しかし、なかなか白羽二重などを用意するのは難しいですよね。

最近では、退院時などに赤ちゃんにベビードレスを着せることも多いため、そのベビードレスを着せ、その上に掛ける祝い着をレンタルするケースが増えているようです。

赤ちゃんのベビードレスはもちろんかわいいのですが、季節にあったものを用意することが重要。
真冬などで寒い場合には、ベビードレスだけでなくおくるみなども用意した方がよいでしょう。
真夏など暑い場合、祝い着を掛けた状態で長時間過ごすのは、赤ちゃんにも負担がかかります。

そのときの気候や体調に応じて、臨機応変に対応しましょう。

お宮参りのパパ、ママの服装

では、パパやママはどんな服装をするのがよいのでしょうか。
一般的にお宮参りを行なう生後1ヶ月頃は、まだ授乳の間隔も安定しておらず、いつ授乳しなければならないかわからないもの。
授乳のことを考えると、ママの服装は特に悩みますよね。

お宮参りは神様にお参りする行事。
そのため、ある程度は服装を整える必要があります。
基本的には、落ち着いた色目のワンピースやスーツなどを着用していれば問題はありません。

ただし、授乳しやすいよう、前開きの服にするのがポイント。
また、最近では、お宮参りに使えるようなデザインの授乳服もたくさん販売されています。
ネットショップや授乳服の売り場で、いろいろと探してみましょう。

パパの服装は、できればスーツがおすすめ。
もし仕事柄スーツがない場合などでも、ジャケットとパンツ、革靴などにし、ラフな格好は避けるのが無難です。

パパもママも、神様の前に出る行事だという事を認識し、ある程度フォーマルな服装を心がけましょう。