お宮参りの初穂料はいくら用意するべき?

お宮参りで神社に行く場合、神社では初穂料、または玉串料と呼ばれるお金を納めることになります。
この初穂料や玉串料とはいったいどういうものなのでしょうか。
そしてお宮参りの場合には、いくら用意すればよいのか、そしてどのように納めればよいのかをまとめてみました。

初穂料や玉串料ってどんなもの?

初穂とは、その年に最初に収穫された稲のこと。
日本では、古来から初穂を神前に供えることで、その年の豊作を感謝する習慣がありました。
現在でも秋に行われる行事などでは、初穂を納めることがありますが、一般的には生産者以外では初穂は手に入りません。

そこで、初穂がない時期や、稲の生産者以外が神様に感謝する場合には、お金を供えるようになり、それが「初穂料」と呼ばれるようになったのです。

一方、玉串料とは、榊の枝にしでをつけた玉串の代わりとなるもの。
玉串は儀式の中の玉串奉奠で神前にお供えされるもの。
この玉串の代わりにお金をお供えするのが玉串料です。

初穂料と玉串料は厳密には、初穂の代わり、玉串の代わり、という違いはありますが、どちらも神前に供えるためのものという点で違いはありません。

お宮参りの初穂料はいくら?

お宮参りの際の初穂料は、神社によって決められている場合と、特に決まりがない場合があります。
決まっている場合、5千~1万円程度が一般的。
事前にホームページなどで確認するか、記載がなければお宮参りの予約の際に確認しておきましょう。

特に決まりがない場合にも、5千~1万円程度が目安。
迷った場合は、5,000円程度にしておくとよいでしょう。

初穂料は、神社の社務所でお宮参りの受付をする際に納めます。
お金は紅白の蝶結びの水引のついたのし袋に入れて、準備しておきましょう。
表書きは、水引の上に「御初穂料」、水引の下には赤ちゃんの名前を書いておきます。

なお、金額が決められている場合は、封筒などに入れ、金額がすぐ確認できる状態で納めましょう。