お宮参りとはどんな行事?いつ頃にするもの

赤ちゃんが生まれて、初めての大きな行事がお宮参り。
神社に予約を入れたり、着物を用意したりと、準備も大変ですよね。

しかし、そもそもお宮参りというのはどんな行事なのでしょうか。
そして、生まれてからいつ頃にするものなのか、まとめてみました。

お宮参りとはどんな行事?

お宮参りは「初宮詣で(はつみやもうで)」や「初宮参り」とも呼ばれます。
お宮参りの由来は、赤ちゃんが誕生したことを氏神様に感謝して報告し、今後の健やかな成長を祈る行事。
元々は父方の祖母が赤ちゃんを抱き、両親とともにお参りをするのが正式な方法でした。

最近では、父方の祖母だけでなく、両方の祖父母が付き添うなど、参拝方法は多様化してきています。

また、お宮参りの行先は、地元の氏神様に参るのが一般的ですが、その地域の有名な神社や、自分が結婚式を挙げた神社などを選ぶケースも増えてきています。

お宮参りはいつ頃にするの?

お宮参りは、基本的には生後1ヶ月を目安に行います。
正式には、男の子の場合生後31日や32日、女の子は生後32日や33日頃が一般的です。
しかし、地域によってもお宮参りの時期は異なります。
生後かなり早い時期に行ったり、100日目に行う地域などもあるため、地元の習慣を確認しておくとよいでしょう。

このように生後1ヶ月頃が目安となっていますが、絶対に1ヶ月後でなければいけないということはありません。
父親の仕事の都合や、体調などもあるため、生後1ヶ月頃を目安として、都合のよい時期を選びましょう。

また、春や秋生まれであれば気候もよいため、お宮参りの時期も過ごしやすい季節ですが、夏生まれや冬生まれの場合、生後1ヶ月の気候が赤ちゃんにとっては辛い状況になる場合もあります。
その場合は無理をせず、時期をずらして行ってもよいでしょう。

母親や赤ちゃんの体調などによっては、首がすわったころに行うケースもあるため、日付に関しては、それぞれの事情に合わせ、柔軟に対応しましょう。